2パターン
2パターン

アフィリエイトにもいくつか種類がありますが、ここではブログアフィリエイトをメインにお伝えします。
ブログアフィリエイトは、大きく分けて、成果報酬型とクリック報酬型の2つです。

他にも色々とありますが、実際に私が取り組んでいるものがこの2つなので、
ここではこれらについて説明していきます。

あまりにも色々と種類を説明しても、
混乱すると思うので。(笑)
それに、ここで紹介する2つを知っておけば、まず問題ありません。

成果報酬型アフィリエイト

まずは成果報酬型について、簡単に説明します。

成果報酬型はその字のごとく、読者が商品を購入したり、
サービスを利用したりすると、報酬が支払われます。

成果報酬型にもその内容に種類があります。

  • 物販型:いわゆる”物”としての商品。報酬単価は安い〜高額までピンキリ。
  • サービス型:旅行などのサービス。難易度は上がるが報酬は物販よりも高額。
  • 登録型:資料請求、会員登録、見積もりなど。無料のため成果は上がりやすい。報酬はピンキリ。
  • 情報型:情報商材などの情報を商品とする。報酬は基本的に高額。

成果報酬なので、アクセスが多いからといって商品が売れるとは限りません。
逆にブログコンテンツの質が高ければ、アクセスが少なくても成果につながりやすくなります。

成果報酬型の大手ASP(広告代理業者)としては、物販型の「A8.net」と情報型の「infotop」です。
この2つのASPは、報酬額の高額な商品を多く取り扱っています。
この2つのASPを登録しておけば、まず問題ないでしょう。

クリック報酬型アフィリエイト

対してクリック報酬型は、googleが展開するアフィリエイトサービス(Google AdSense)です。

googleが提供する広告(その記事に適した広告が自動表示されます。)を読者がクリックするだけで、報酬が発生します。
ただし、報酬単価は高くありません。(1クリック:何十円〜)
そして、読者が商品を購入するなどの成果があったとしても、成果報酬はありません。

しかし、アクセスが増えれば、馬鹿にできないほどの報酬(何十万円〜)が発生します。
成果報酬型と異なり、アクセスに比例しやすいといえます。

成果報酬型とクリック報酬型のまとめ

成果報酬型とクリック報酬型のアクセスと質による特性は、
実際に運営していると、それがわかってきます。

これら二つのアフィリエイトの要点をまとめます。

  1. 成果報酬型
    ・読者が商品を購入したり、サービスを利用したり、資料請求や見積りなどをした場合に報酬が発生する。
    ・物販型、サービス型、登録型、情報型に分けられる。
    ・報酬単価はピンキリ。ただし、実績があれば特別単価依頼ができる。
    ・収益はアクセス数に比例せず、コンテンツの質が高ければアクセスが少なくても成約に結びつきやすい。
  2. クリック報酬型(Google AdSense)
    ・その記事に適した広告が自動で表示される。
    ・広告をクリックされた分だけ、報酬が発生する。
    ・クリック単価は高くない。
    ・読者がその広告の商品を購入しても、成果報酬はない。
    ・アクセスに比例しやすいため、アクセスが増えれば、馬鹿にできないほどの報酬が発生する。

両方、あるいはどちらか片方のアフィリエイトをやるにしても、
基本的にはコンテンツの質が大きく関わってきます。
そのため、
読者の立場に立った、読者のためになる情報を記事として発信する

これが、アフィリエイトの鉄則です。

>コンテンツ一覧へ
>ホームへ