フリーランサー
フリーランサー

このブログでは、“アフィリエイト独立術”と言っているので、
専業を目的としていますが、
副業ではダメなの?と思う方もいるかもしれないので、
ちょっとそこに焦点を当ててみたいと思います。

専業、副業、それぞれにメリットとデメリットがあり、
人によって合う、合わないが必ずあります。

それぞれの特徴を理解すれば、
自分はどちらが良いのか、ということを
あなた自身が判断できるはずです。

僕自身は、最初は副業で取り組み始めたんです。
でも、結果的に専業になりましたが。
まぁ、そういうこともある、
ということを頭の片隅に置いて、
読んでもらえば良いかと思います。^^

専業と副業のメリット、デメリット

それぞれにメリット、デメリットがあります。
ざっと、それをまとめます。

まずは専業から。

専業のメリットは、副業よりも早く収益を出せると考えます。
必ずとは言えませんが、取り組める時間が副業よりもあるため、
その分、マーケティング、リサーチ、記事更新に注力できるからです。
これが最大のメリットと言っても良いかもしれません。

その他には、出勤しなくてもよく、起床時間に縛られることもなく、
好きな時に休みにでき、ノマドスタイルでの仕事が可能です。
そして、サラリーマンのようなストレスはありません。

デメリットとしては、収入が不安定というのが一番大きいでしょう。
収益の全てをアフィリエイトに頼ることになるため、
稼ぎ頭のブログがこけると、大変なことになります。

その他、確定申告や税金対策を自分でする必要があります。
専業の場合、1年の収益が38万円を超えると、確定申告が必要です。
これを怠ると、後から怖い思いをします。

また、今まで会社がやってくれていたものを、
自分でやらなければなりません。
納税はもちろん、国民健康保険や国民年金も、
自分で手続きして払います。

あとは、退職金がない、雇用保険がないとか、
信用力に欠けるので、クレジットカードやローン、
賃貸の審査が通りにくい、などがありますね。
ただし審査に関しては、実績があったり、法人化すれば、
クリアできることが多いです。

では副業はどうか。

基本的には専業の特徴の逆になります。

専業に比べて、収益が出るまでに時間がかかります
アフィリエイトに専念できる時間が、専業に比べて少ないためです。
帰宅してから作業したり、休日に作業することになります。

また、会社に出勤するため、時間の制約がかかり、自由がありません。
仕事の内容や人間関係で、ストレスが多少なりともあるでしょう。
また、確定申告については、
1年の副業収益が20万円を超えていれば、自分で申告が必要です。

ただし、副業のため、アフィリエイトでなかなか成果が出なくても、
生活に困ることはあまりないかと考えます。

健康保険や年金も、会社側で調整してくれているでしょうし、
退職金や雇用保険もある会社が多いので安心できます。
信用の面でも、会社員であれば、基本的にそれほど心配ないと思います。

あとは、会社が副業を承認してくれるかどうか、ですね。
副業は、あらかじめ会社にちゃんと報告したほうが良いです。
それほど収益が多くなければ、楽観視する会社が多いでしょう。

というか、会社の仕事に影響を及ぼさなければ、
大丈夫じゃないかと個人的には思います。

しかし、会社の仕事に影響してしまうようであったり、
または副業をしていたことがばれたりしたら、
会社は黙っていないかもしれません。

だから会社には最初から相談するべきなんですね。

それぞれの特徴をまとめます。

専業の特徴

  • 収益が出るまでの時間が比較的短い
  • 収入が不安定になることもある
  • ストレスフリー
  • 通勤不要
  • ノマドスタイル可
  • 確定申告は1年の収入が38万円超であれば必要
  • 国民健康保険、国民年金の加入が必要
  • 雇用保険、退職金はない
  • 社会的信用度は低い(ただし、法人化すれば別)

副業の特徴

  • 収益が出るまでの時間が比較的長い
  • 収入が不安定になっても、本業がカバー
  • 本業のストレスはある
  • 通勤必要
  • 確定申告は1年のアフィリエイト収入が20万円超であれば必要
  • 健康保険、厚生年金は会社で加入
  • 雇用保険、退職金がある会社が多い
  • 社会的信用度は高い
  • 副業を会社への報告

専業の方が良い、とは言い切れない。が、しかし・・・

それぞれのメリット、デメリットをお伝えしましたが、
これらの内容により、
必ずしも専業が良いとは言い切れないと思います。

やはりそれは、
収入や生活へのリスクが、副業に比べて高いからです。
それに、自分でやらなければならないことが多い、
ということもあります。

ただ、それでも、専業を夢見ている人は多いですし、
実際に、アフィリエイトを専業で取り組んでいる人は、
非常に生き生きしています。^^

最初は専業で取り組むことに不安を感じたりしますが、
多くの専業アフィリエイターは、とても前向きで、
ネガティブなことは言いません。

僕がまだサラリーマンだった頃に、
アフィリエイトセミナーに参加したんですが、
そこにいる参加者の多くは、法人化された人が多かったんですね。

つまり、社長さんたちです。

その社長さんたちと話をしていると、
なんだか次元の違いを感じましたね。

この頃、まだアフィリエイト初心者だった僕は、
いずれこの社長さんたちのように、自分もなれるのかな?
と不安に感じながらも、ワクワクしていましたね。^^

専業アフィリエイターになると、
生活に困る状態になったらどうしよう?
などと悩んでいる暇があれば、とにかく前向きに作業をこなす、
ということを教えて貰った気がします。

あなたに合うのはどちらか

あなたがまだサラリーマンで、今の仕事を辞める気があまり無く、
アフィリエイトを空いた時間に取り組めるのであれば、
副業のままで全く問題ないと思います。

副業で、会社の給与とは別に100万円以上稼いでいる人もいますから。

ここまでくれば、定職についている安定と、副業の収入とで、
生活に困ることはまずないでしょう。

ただし、副業ですから時間の制限がかかります。
休日を返上したり、寝る間も惜しんで取り組む必要も出てきます。

これらに目をつぶれるのであれば、副業をお勧めします。

でももし、自由なビジネススタイルを望んでいたり、
ストレスフリーを望んでいるのであれば、
専業をお勧めしたいと思います。

専業に取り組み始めると、
サラリーマン時代の意識や考え方、環境が180度変わります

サラリーマンのように“給与をもらうために仕事をこなす”のではなく、
“収益を出すためには、何をしてどうすれば良いか?”という考えになり、
そこからビジネスマインドが育ち始めるのは、間違いありません。

結論としては

結局のところ、そうですね、
このブログで推奨しているように、
専業として“独立”することをお勧めするわけですが、
それでもリスクは怖いですよね。^^

そのため、いきなり専業という形ではなく、
副業で始めて、アフィリエイト収益が安定してきたら独立し、
専業として専念する
、これがベストの形だと考えます。

リスクが軽減するまではサラリーマンで生活し、
その間にアフィリエイトにも取り組んでおく。
そして、独立した際にやらなければならないこと(税金対策など)も、
同時に勉強しておく。

そうすれば、スムーズに副業から専業に移れると思います。

ただ、僕の場合はこのステップが踏めず、
いきなり専業という形をとったわけですが、
これは言うまでもなく、あまりお勧めしません。

非常に辛い思いをすることになります。(笑)

でも、僕がアフィリエイト専業という今の生活を送れているのは、
辛い思いをしたからでもあるんですね。

今までの経験上から考えて、
全てにおいて価値のない経験はなかったと思います。
つまり、無駄なこと(事象)は一つもない、ということ。

これを理解できるのであれば、
リスクが高くてもいきなり専業として独立する、
これもアリかと考えます。

ただし、非常に強烈な経験をすることになりますが。(笑)

>コンテンツ一覧へ
>ホームへ