the million writing

毎日頑張ってブログを更新されている方も多いと思います。

でも、なかなか売上げに繋がらない。

そのような悩みを抱えている人が、実はとても多いんです。あなたは、どうでしょうか。

実は、僕はその一人でした。(笑)

「アクセスはあるし、売れる商品のはずなのに、なぜだか商品が売れないな。」

そんなことを考えながら、毎日「なぜ?なぜ?」の嵐でした。

だから、ネットや書籍でいろいろと調べたんです。すると、その「なぜ」の答えは、意外と簡単に見つかりました。

なぜ、商品が売れないのか?

それは、読者が必要とする記事の書き方をしていなかったからです。

「読者が必要とする記事の書き方って何?」

あなたは、そんなふうに疑問に思うかもしれません。でも、この先を読めば、「おぉっ、そうなんだ?」と思うこと間違いなし。(笑)

実は、商品が売れているブログやサイトには、共通した“ある技術”が使われています。

それが「コピーライティング」なんです。

そして、そのコピーライティングの技術を学べるのが、「The Million Writing」という商材なのです。

記事で最も重要なものとは

一般的に、文章広告、いわゆるセールスレターは、ふんだんにコピーライティング技術を駆使して作り込まれています。

なぜなら、その技術を取り入れるか否かで、その売上げには大きな開きが生じるからです。

コピーライティング技術を駆使されて作られたセールスレターは、その入り口からまず威力を発揮します。

入り口?

入り口とは、セールスレターでは、まず冒頭に来る見出しのことです。ブログで言えば、記事タイトル。

読者はまず、見出しやタイトルを見て、その広告や記事を読むかどうか判断します。

例えば、ネットで検索結果が表示された時、あなたはまず何を見ますか?

基本的には、その記事のタイトルを見るはずです。タイトルを見て、自分の探している内容が載っているかどうかを判断するからです。

自分の必要としない記事を見つけても、まず読みませんよね。

自分の欲している記事なのか、どうか。
または、自分が惹きつけられる記事なのか、どうか。

その内容に合致したタイトルであれば、読者は記事を読んでくれる可能性が高い。

でも、読者の欲している記事のはずなのに、タイトルが魅力的でなければ、その記事を読まれることはないわけです。

これは非常にもったいないですよね。

だからコピーライティング技術では、入り口である記事タイトルを非常に重視します。

「The Million Writing」という商材では、記事タイトルの考え方をわかりやすく、かつ明確に教えてくれています。

これを知れば、読者があなたの記事を読む可能性が、必然的に高くなるのは間違いありません。その理由をこの後、お伝えしていきます。

どんなに優れた記事でも読まれなければ意味がない。だから、セールスレターやブログ記事では、見出しやタイトルが最も重要になるのです。

読者を惹きつけるための記事の書き方

コピーライティングを知らない人が記事を書くと、何を伝えたいのかがわからない内容になることが多いんです。

何を伝えたいのかがわかならない、というのは、何を言っているのか意味がわからない、ということです。

例えば、こんな文章。

『A君はB君に、「明日、行こうと思うんだけど。」と伝え、

B君は「わかった。楽しみにしてるよ。」と答えた。

そして翌朝、A君は出かけた。』

どうです?なんか変ですよね?

おそらくあなたは、A君は「どこに」出かけたのか?と思ったはず。その理由は、主語がないからなんですね。

A君はB君の家に行ったのか、A君一人でどこかへ出かけたのか、あるいはA君とB君の二人でどこかへ出かけたのか、

全くわかりません。(笑)

主語がないというだけで、話の意味がわからなくなるんです。

もちろん、この文章の前振りで、例えば、A君がB君の家に行くという設定で、そのストーリーが展開されていれば、それほどストレスはありません。でも、この例え話は、そんな前振りはないのです。

この場合、書き手は自分自身の思い込みで文章を書いてしまっているため、読者に対して意味が通じない「書き手の夢と希望がいっぱい詰まった」話になってしまう。

それではダメなんですね。

意味がわからないと、読者にはスムーズに記事を読めないというストレスが加わります。そうなると、読者は読むことへの集中力が散漫になり、ついには記事を読むことをやめてしまうこともあるんです。

また、意味のわかる記事であったとしても、自分のことばかりを記事にしてしまうような「自慢話」が書かれていると、読者は「何だこの記事は?」と思って、記事を読むことをやめてしまいます。

読者は、自慢話を読みたいのではなく、自分にとって有益な記事を読みたいのです。

だから、自分の書きたいことばかりを書いていては、ダメなんですね。

「The Million Writing」は、何をどのように読者へ伝えたら良いのか、そして、そのためにはどんな記事の書き方をすれば良いのかを、6つのポイントで説明しています。

この6つのポイント、全然難しいことではありません。小学生でも理解出来るポイントです。^^

わずか6つのポイントを理解し、覚えて、実行に移すだけで、あなたの記事は格段に高いレベルになっちゃうわけですよ。

いえ、6つ全てでなくても、そのうちの3つを実行するだけでも、全然変わってくるかもしれません。なぜなら、僕自身が3つを試してみただけで、読者の反応が変わったからです。

この「The Million Writing」で紹介している6つのポイントは、何もセールスレターや記事だけに通用するものではないんです。

そのことを実感した体験があるので、ちょっとお伝えしますね。

僕は以前、多くの人の前でプレゼンする機会がありました。

その時にこの「The Million Writing」のコピーライティング技術を、ほんのちょっと取り入れて実行したところ、多くの聴講者の方から「非常にわかりやすかった」と、高評価を得たんです。

僕自身、そんな評価をもらうつもりは全くなかったんですが、「どうすれば、うまく話を伝えられるか」を考えて、コピーライティング技術をちょこっと取り入れただけ。

それなのに、そんな「反応」があったので、逆にちょっとびっくりしましたね。^^

だから、「The Million Writing」で教えてくれているコピーライティング技術は、様々な分野への応用ができるものなのかもしれない、と実感したんです。

実際、「The Million Writing」の著者である宇崎圭吾氏は、「どんな分野のセールスレターにも応用できる」と言っているので、僕自身は個人的な体験を通して、そのことに納得しましたね。

読者に行動を起こさせることができる

ここまでで、読者に記事を読んで理解してもらうことの重要性は、理解していただけたと思います。

でも、あなたがアフィリエイトで商品を売り上げたいのであれば、読者に、ただ記事を読んで理解してもらうだけでは、商品は売れません。

よほど購買意欲の高い読者であれば、商品の説明をわかりやすく説明してあげるだけで、購入する人はいるかもしれませんが。

でも、多くの人の財布の紐は固いのです。(笑) なぜなら、僕もそうだから。^^

だから、いかにその財布の紐をゆるくしてあげることができるか。いや、本人の意思で急いで紐をゆるめさせる、と言った方が良いかもしれません。

どういうことか。

人が物を買う時というのは、自分自身が物を買うことに納得した時です。

つまり、自分の意思で物を購入したい!と思った時。または、購入しなければ!と思った時。

コピーライティングでは、読者にそう思ってもらえるような文章を書くのです。まるで読者自身が“自分の意思”で物を購入することを決めた、と思わせるように。

ここまで読んでもらえば、なんとなくコピーライティングがどんなものか、わかっていただけたかもしれませんね。

コピーライティングは、文章によって読者の心理を理解し、行動を起こさせる、“巧みな心理技術を取り入れた文章術”なんです。

「“巧みな心理技術を取り入れた文章術”なんて、なんだか難しそう・・・。なぜ会ったこともない読者の心理を理解することが出来て、行動を起こさせることができるの?自分には難しいんじゃ?」

コピーライティング未経験の人や、文章術なんて初めてという人であれば、このように難しいかも?と思うのは普通です。

でも「The Million Writing」は、コピーライティングの世界では著名な宇崎圭吾氏が、コピーライティングを駆使して作りあげたものです。

だから当然、小中学生でも理解出来る内容になっています。

ということは、小中学生でもコピーライターやアフィリエイターになれる?極端に言えば、それも可能かもしれません。^^ (ただし、法律的に小・中学生がアフィリエイトに参入することは不可能。(笑))

もっとも、小中学生がコピーライターやアフィリエイターを目指している、なんて聞いたことがありませんが。(笑)

話は戻りますが、「The Million Writing」は、あなたがコピーライティング未経験でも理解出来る内容になっているので、安心して読むことができるのです。

どうしてこんなことが言えるのかというと、頭の硬い僕でも理解できたから。(笑)

これらを学べるのが「The Million Writing」

「The Million Writing」を実践すれば、こんなことができるようになります。

  • 読者をセールスレターやブログの見出しやタイトルで惹きつける。
  • 読者を記事の内容でさらに惹きつける。
  • 商品を購入してもらう行動を起こしてもらえるようになる。

読者を見出しやタイトルで惹きつけ、記事の内容でさらに惹きつけ、「今すぐ商品を購入したい!」と思ってもらい、行動を起こしてもらう文章の書き方を教えてくれている。

世にコピーライティングの書籍は色々とありますが、基本的には海外のものを翻訳したものであったり、海外のコピーライティングを学んだ人が書いたものがほとんどです。

なぜ海外か。

それは、海外(基本的にはアメリカ)が、コピーライティング技術の先駆者だからです。

そして、日本にコピーライティングが本格的に浸透し出したのは、それほど昔ではありません。

それはなぜか。

以前は広告というと、テレビCM、ラジオCM、紙媒体の広告がメインです。(今でもある意味そうですが)

これらの広告は、メディア側が一方的に視聴者、読者に見せるもの。視聴者、読者の見たい、見たくないの意思に関わらず、発信されているものです。

でも今は、インターネットがありますよね。

インターネットは、読者が見たいものだけを選んで見ることができる。

つまり、読者は気になる商品があれば、それを調べる。
そしてその広告を見て、商品の詳細を知ることができる。
商品の詳細を調べる理由は、興味があるから。

コピーライティングは、商品に興味を持った人へ、さらに興味を持ってもらえるような文章術で情報を発信する技術です。

インターネットは、企業でも個人でも情報を発信できるのはご周知のとおり。そこにコピーライティングを取り入れれば、はっきり言って怖いものなしですよ。^^

だから、最近になってコピーライティングを駆使する人や、コピーライティングを学ぶ人が、以前に比べて増えてるんですね。

「なるほど!じゃあ、コピーライティングを学ぼう!」

そう思いますよね。^^

世にある一般的な海外ベースの書籍でも、コピーライティングは学べます。でも、海外ベースの本よりも、日本で作られた本の方が、日本人に合っている気がします。

「The Million Writing」は、宇崎圭吾氏が日本で作り上げたクオリティの高い本です。

ここで、著者の宇崎氏についてちょっとだけ話します。

宇崎氏は、コピーライターです。それもかなりレベルの高いコピーライター。コピーライティングの技術を駆使して、読者が反応するセールスレターを書き続け、思うがままの収入を手にしています。^^ それはもう、普通のサラリーマンとは桁の違う収入らしいです。

さらに言えば、宇崎氏にはコピーライティングの師匠が居て、その師匠はコピーライティングのみで、ものすごい実績を残しています。

その師匠の年収は、純利益のみで億単位

びっくりしますよね。^^

正確に言えば、「The Million Writing」は、宇崎氏とその師匠がタッグを組んで、作り上げたものです。その力の入れようは、読んでみればわかると思います。

「そんなすごい本であれば、相当な値段なんじゃ?」

それが、商材にしてはかなり安価。かなりの割安商材と言って良いと思います。

ちょっと高めの本を買うイメージでしょうかね。もちろん、買って損することは、ほとんどないと思います。

もし合わないと思えば、全額返金保障がついてますからね。^^ しかも、返却する必要もありません。


「The Million Writing」を読んだ感想

僕は「The Million Writing」を購入して、すぐに読みましたが、一気に読めば数時間で読み切れます。

普通に本を読める人であれば、難なく読めるでしょう。でも、中には眠たくなってしまう人もいるようです。^^

まぁ、その辺りは教材であり本ですからね。気合いを入れて読むよりは、「ふんふん、なるほど。今日はここまでにしよう。」
てな感じで、楽な気持ちで読んでいく方が良いと思います。

なぜなら、一回読んだだけで、すべて覚えられる内容ではないからです。

逆に言えば、何度も何度も読み返すと、いつの間にか頭の中に入ってしまうということ。

「何度も」というのは2回、3回ではありません。せめて10回以上、できれば20回、30回。(笑)

「ええ?!そんなに読まなきゃならんの?」

そう思うっちゃいますよね。でも、繰り返し読むことは、そんなに苦ではありません。理由は、読むたびに読む時間が短縮されるため。

時間が短縮されるということは、それだけコピーライティングの知識が、頭に入ってきている、ということになります。

だから、気合い入れて読むよりは、ちょっとずつ毎日読む。全200ページくらいなので、1日50ページくらいがオススメです。

そうすれば、いつの間にかコピーライティングの知識が身についています

なぜこんなことが言えるのかというと、僕自身がそうだったから。いつの間にか、意識せずともコピーライティングに沿った文章の書き方をしてしまっています。癖になっちゃうのかもしれません。^^

それでも、何度も読むのが面倒臭い、と思うあなたにちょっと刺激的な言葉を。

次の言葉は、宇崎氏の師匠が発した言葉です。

“「The Million Writing」を20〜30回くらい読めば、月に200万くらいは稼げるようになる。”

いかがです?

ちょっと気になりませんか?^^

確かに何度も何度も読めば、宇崎氏の師匠が発した言葉が理解できるようになり、納得できるようになってきます。本当です。^^

ただ、だからと言って、世の中に万能のものなんてありません。「The Million Writing」にもデメリットと言えるものがあると感じます。

僕が感じたデメリット。それは、次の2点です。

  • すぐにコピーライティング力がつかない
       

    つまり、コピーライティング力がつくまでは、すぐに稼げるようになるわけではない、ということです。これはどんなことにも言えることだと思います。

    ただし、多少時間がかかるかもしれませんが、しっかりと学んで実践すれば、本物のコピーライティング力が身につきます。

    それに、覚えることはそんなにありません。それに難しくもないのです。

    覚えたこと1つを実践するだけでも、今までの記事のクオリティが格段に高まります。これは僕自身も経験済みです。

  • 最初は記事を書くのに時間がかかる

    記事を書いているあなたならわかると思いますが、記事を書くのに時間がかかることに、悩んだりしたことはありませんか?

    それを短くするテクニックってありますか?

    おそらくないと思います。

    コピーライティングを学び始めると、いろいろと試行錯誤して記事を書いていくことになります。そのため、どうしても最初は時間がかかってしまう。

    それを短くするテクニックなんてありません。でも、ないわけでもありません。

    「The Million Writing」著者の宇崎氏曰く、「記事を速く書けるようになるポイントは、とにかく書きまくること」だそうです。(笑)

    それが最短で最速のテクニックだそうです。ごもっとも。^^

これらがデメリットに感じた点ですが、いずれも実践していけば、解消されていく点だと思います。

とにかく時間がかかっても「The Million Writing」を何度も読んで、実践して、少しずつ記事のクオリティを高めていく。

これはおそらく、誰でも可能ではないでしょうか。

今日から「The Million Writing」で学べば、今日から実践できて、あなたの記事にコピーライティングを取り入れることができる。

それを毎回繰り返したら、1年後のあなたはどうなってるか、想像できますか?^^

でも、コピーライティングを実践する人は、日に日に増えています。

もし、あなたのブログにライバルがいたとして、あなた自身はコピーライティングを学ばずに、そのライバルはコピーライティングを取り入れ始めたら、日に日に記事のクオリティに差が開くかもしれません。

だから早いとこ、コピーライティングをあなたのものにしませんか?

そして、その驚異的なコピーライティングを教えてくれる商材は、あなたのすぐ手の届くところにあるんです。

The Million Writing

注目!!
ここまで読んでもらっておいて、いうのもなんですが、、、「The Million Writing」は次の記事で紹介しているアフィリエイト教材にも含まれています。僕は「The Million Writing」の購入後にこのことを知ったので、次のアフィリエイト教材をのちに購入した時に、「The Million Writing」を重複購入しちゃっています。(笑)

そのため、アフィリエイト教材に興味があれば、次の記事を読んでみてください。もちろん、「The Million Writing」だけでも十分なスキルを手にすることができます。僕のように重複購入しないように気をつけてくださいね。^^
参考記事:一足早く稼げるアフィリエイターになりたければ、一つは教材を持っておいて損はない。それが「Copyrighting Affiliate Program」
 
>コンテンツ一覧へ
>ホームへ