コピーライティング

集客にSEO対策は必要か

アフィリエイトで収益を出そうと思ったら、アクセス(集客)が必要です。
アクセスを増やすためには、検索エンジンで上位表示されることが有利になります。

そのためにSEO(Search Engine Optimization)対策と呼ばれる検索エンジン最適化をする必要があるのです。
検索エンジン最適化とは、特定のキーワードで検索した際に、上位表示されるための対策のことを言います。

SEO対策を知らない人からしてみれば、上位表示順というのは“人気順”だと思っている人が多いんですが、実際にはそうではないんです。^^

SEO対策として、記事タイトルや記事の内容に検索されやすいキーワードを散りばめたり、質の高い被リンクを増やしたり、文字数を増やしたり、記事数を増やしたりなど、いろいろありますが、最も重要なことは“いかに良質なサイトであるか”が基本にあり、今後これが変わることはないというのが僕の考えです。

GoogleやYahooがこのSEOの細かなルールを決めていますが、それは公にされることはなく、かつ、検索結果が固定されないように、状況に応じてそのルールを変えているようです。
ただし、前述したように、上位表示されるのが“良質なサイト”であることが、一つの条件になっていると思います。

じゃあ、どんなサイトが良質なのか、ということになりますが、読者の要求に適した内容が書かれているのが一つのポイントかと考えます。

たとえそれが、ニッチなブログテーマや記事テーマであったとしても、Googleが価値がある、読者のことを考えている、面白い、などと判断すれば、良質なサイトということで上位表示される可能性が高くなるわけです。

じゃあ、“良質なサイト”であることだけを考えていれば、それ以外のSEO対策はしなくても良いのか?という疑問を持つかもしれません。

実際には様々なSEO対策はやった方が良いと思います。
そうしないと、突然自分のブログが上位表示されなくなる、なんてことも考えられるからです。

上位表示されなくなってしまうと、ブログで飯食ってる僕らなんかは、かなーり焦ります。(笑)
というか、死活問題にもなりかねません。(汗)

じゃあ、やっぱりSEO対策は重要じゃん。

そう、そのとおり。重要です。
ただ、実際にはそんなに気にしなくても良いかも、というのが僕の本音。

なぜなら、ブログや記事の質を評価するのはGoogleやYahooだけれども、それを本当に良質なものかどうかを判断するのは読者だからです。

読者が良いと判断するようなブログや記事であれば、それは必然的にGoogleやYahooの評価を高めるものになるはずです。

SEO対策はやらないよりやったほうがいい。
でも、SEO対策を気にするあまり、SEO対策に時間を取られたり、記事の質が落ちてしまっては元も子もない。
であれば、読者のためになる記事を一生懸命書く。

そう、“読者ファースト”ということになります。
それが、良質なサイトを作る上で最も重要なポイントということです。
なぜなら、Googleの理念にも読者ファーストがあるから。

実際に、僕の知っているアフィリエイターの中には、「SEO対策はそんなに気にしていない」という人が多く、そういう人はきちんと良質なブログを構築して、しっかり稼いでいます。

結局のところ「読者のための記事を書く」ことが、アクセスを増やし、収益を伸ばす、もっとも最短で結果を出す王道的な方法なのです。

裏技的な方法や、小手先のテクニックなんてものは、一時的に通用してもいずれ淘汰されていきます。
そんな方法に頼っていては、いつまでたってもSEOに翻弄されてしまうでしょう。

であれば、良質なサイトにするために、あなたの持っている「価値のある情報」を、読者のために記事にすることを最優先すべきです。

でも、多くの人が「価値のある情報」を、的確に文章にすることが苦手なのかもしれません。
なぜなら、僕もそうだったから。(笑)

ここでいう“的確に文章にする”とは「読者の心に訴える文章を書く」、ということです。
じゃあ、どうやったら、読者の心に訴える文章を書くことができるのか、と思いますよね。^^

実は、読者の心に訴える文章を書くことができるテクニックがあります。

それが「コピーライティング」というスキルなのです。

コピーライティングとは

コピーライティングとは、一言でいえば「文章広告」のことです。

広告といっても、商品と価格を並べただけのチラシとは違います。
チラシとは違いますが、おそらくあなたも見たことはあると思います。

あなたのもとに、セールスレターなどがダイレクトメールで届いたりしたことはありませんか?
または、インターネット上で気になる商品をクリックした時に、何十回もスクロールするような、長文の広告が出てきたりしたことはありませんか?

多分、一度くらいはそんな広告を見たことがあると思います。

そして、それらは間違い無く、コピーライティングを取り入れた広告なのです。

文章によって、その広告を見た人に興味をもたせ、信用してもらい、最終的には商品を購入してもらうための“巧みな心理技術を取り入れた文章術”、それがコピーライティング。

そのコピーライティングを使い、文章広告制作を職業にしている人を、コピーライターと言います。

少し前までは、コピーライターとしてビジネスに取り組んでいる人は、今ほどいなかったはずです。
テレビやラジオなどの広告メディアに直接関われる人でなければ、広告を書く機会なんて早々ありません。

でも今は、インターネットというメディアがあります。
情報を求める側が必要な情報だけを手に入れることができ、こちらから情報を発信することもできるのがインターネットです。

このインターネットを使えば、ある意味、世界中の人に商品を売ることができます。
だから、企業はもちろん、個人でもインターネットを使って商売する人がたくさん出てきました。

そんな企業や個人に対して、コピー広告を書かせて欲しいといえば、積極的に採用してくれる可能性があるのです。

その理由は、コピー広告ひとつで商品の売り上げが大きく変わるため

それを認識している企業は、積極的にコピーライターを確保したり、教育したりしているはずです。
だから、極端なことを言えば、コピーライティングを勉強し始めた人であったとしても、コピー広告の仕事をもらうことは難しくないと思います。

そのため、昔に比べたら、今のほうがコピーライターを生業にしている人は多いのです。

でも、コピーライティングというスキルや、コピーライターという職業を知らない人が多いのも事実。
広告関連の仕事や、ダイレクトマーケティングに関わる仕事でないと、知らないかもしれません。

ということは、今のうちにあなたがコピーライティングのスキルを身につければ、それを活用できる世界が広がるチャンスにもなる、ということになります。

そのコピーライティングというスキル。
これを、身につけたほうが良い理由を次で説明します。

なぜ、身につけるべきスキルがコピーライティングなのか

コピーライティングは、商品を売るための文章広告ということは前述しました。

なぜ、身につけたほうが良いスキルなのかというと、コピーライターとしてはもちろん、商品を紹介するという意味ではアフィリエイトでも多いに活用できる技術だからです。というか、活用すべき技術ですね。

コピーライティングは、読者に合わせてアプローチする技術。ブログ読者の心理を読み取り、読者の立場を理解し、その読者に対してどういった言葉や表現が適切かがわかれば、読者の心に訴える文章を書くことができます。

それができれば、商品を紹介する際に読者の購買意欲を掻き立てるのはそれほど難しくないのです。だから、アフィリエイトでも活用するべきなんですね。

とは言っても、読者に対して嘘をついたり、詐欺的なことをするわけではないので安心してください。^^
また、過大広告的なことをするわけではありません。そんなことをしたら、最終的に商品が売れなくなることは目に見えていますから。

簡単にいえば、読者に興味をもたせて広告の中に引き込むんですね。

そして文章中には、読者が必要とするあらゆる情報をわかりやすく提供し、読者が疑問に思うことを前もって推測して回答し、主張に対しては理由付けをしていくことで、読者からの信用が得られるようになります。

つまり、信用のある人に人が集まるように、信用のある記事にも人が集まるようになるんです。
そんな記事を書けるようになれば、SEOにそれほど関係なく、アクセスを集めることができるようになってくる、というわけです。

本当に美味しい料理の店には人が集まります。
本当にサービスの良い会社には人が集まります。
そして、本当に良いブログにも人が集まります。

そのために、コピーライティングを使ってアクセスを集め、信用を得た読者にアフィリエイトを行うわけです。
コピーライティングを駆使した記事と、そうでない記事では、商品の購入率は全然違ってきます。

では、コピーライティングを身につけることで、ブログで得られる大きなポイントを次に示します。

  • アクセスアップ
  • 売り上げアップ

このことから、あなたがアフィリエイトで売り上げを伸ばしたいのあれば、一刻も早くコピーライティングのスキルを身につけ、それをアフィリエイトで活かすべき、ということがわかると思います。

どんなビジネスにも需要があるのがコピーライティング

ビジネスというものは、商品やサービスなどを売ることで成り立っています。
そして売るためには、販売促進活動が必須です。

どれほど良い商品やサービスがあったとしても、お店に人が来てくれなければ、商売は成り立ちません。

お店へ人に来てもらい、それを売るための販売促進活動。
その活動に、広告が使われるわけです。

どんな商品やサービスであっても、メディアに関わらず広告が商品を宣伝します。
そして、その広告にコピーライティングのスキルを盛り込むわけです。

逆に言えば、どんな商品やサービスであっても、広告を作る限り、コピーライティグのスキルは有効ということがいえます。

それが例えば、車でも、家でも、ジェット機でも、保険でも、コンサルでも、食料品でも、100均の商品であってもです。

そしてまた、商売ではなく無償の情報提供であったとしても、それは同じことが言えます。ブログでのアフィリエイト目的ではない記事の情報などが、まさにそれに当たります。

どんな分野でも、コピーライティングのスキルは有効ということが、理解頂けたのではないでしょうか。

身につけておいて損はないスキル。
それがコピーライティングなのです。

では一体、どうやってコピーライティングを学ぶべきか

とはいうものの、じゃあどうやってコピーライティングのスキルを学べば良いのか。

もちろん、ここでそのスキルについてお伝えしていく予定です。
そういう僕自身、実は少し前まではコピーライティングについてほとんど知りませんでした。(笑)

ではここで、ちょっと僕の個人的な話になってしまいますが、コピーライティングのスキルを見つけたときのことをお伝えします。

ブログを運営しながら、なかなかアフィリエイトの商品が売れない時に、「どうすれば、読者に商品を購入してもらえる文章が書けるのか」という疑問に悩みながら、ネットで調べていたときのことです。

ある書籍を偶然見つけたのです。
それはコピーライティングを習得するための本でした。

「コピーライティング?」

コピーライティングを知らなかった僕にしてみれば新鮮な言葉。

その本の値段は¥4000くらいで書籍にしてはちょっと高め。
でもその本の広告を読んでいると、買わずにはいられなくなる衝動にかられました。

そりゃあ、そうですよ。
だって、その本の広告もコピーライティングを駆使して作られてますから。^^

まんまとそのコピーライティングの巧みな心理技術にしてやられた僕は、早速その本を購入したのは言うまでもありません。(笑)

本を購入し、コピーライティングのスキルを勉強し始めました。
本に書いている内容は素晴らしく、なるほどなるほどと納得しながらコピーライティングについて学んでいたんですが、ここでちょっと「?」な出来事があります。

それが、その本のバックエンド商品の紹介がメールですぐに来たこと。

バックエンドとは、2次的、3次的商品のことで、本自体はお試し的な商品(集客目的)で、実は本当に売りたい商品(利益商品)があり、そのお知らせが来たのです。

本にもそのようなテクニックが書かれていたし、想定もしていたのです。
「まだ本を読み終えてもいないのに??」と思いながらもバックエンドの商品の広告を見ると、本の価格の10倍以上の値段もするノウハウのお知らせが。

ノウハウを実践すれば飛躍的にコピーライティング技術が向上するようで、しかも、安く購入できるのは今だけとか書いてある。

気になるけど、さすがにこれはちょっと買えない・・・
でも、今がチャンスのようだし、今購入しないと・・・

と、まんまとコピーライティングの術にはまりかけていました。
(そういう意味で、コピーライティングってすごい。というか怖い。(笑))

でも、バックエンド商品をよくよく見てみると、「コピーライティングは、ひな形を使って、言葉や単語を置き換えて、パズルのように組み立てれば出来てしまう」的なことが書かれていたんです。

わかりやすく極端に言えば、すでにある優良なコピー広告を使い、その中に書かれている商品を自分の売りたい商品に置き換えれば良い、ということ。

この時僕は「うーん、これってスキルになるのかな?」と思ったんですね。
「それが本当であれば、コピー広告なんて誰でも簡単にすぐ作れちゃうな」と思ったので、また色々と調べ始めたんです。

コピーライティングってこんな簡単なものなのか?
わからないから、コピーライターの人が運営しているサイトで確認してみると良いかも?

と、考えまして。

そしたら、あるコピーライターAさん(仮称)のサイトにたどり着きました。
そこは、色々なコピーライティングの商材をレビューしているサイトだったのです。

そしてそのサイトで、コピーライターAさんが特にお勧めしながら紹介している、僕が購入した本とは違うコピーライティングノウハウ本を見つけたのです。

ちょっと気になったので、そのコピーライティングノウハウ本の紹介文を読んでみたんです。読んでみたら、次のような印象を受けました。

  • 0から自分の力で作り上げていくコピーライティングを学べるらしい
  • 初心者でも十分理解できる構成になっているらしい
  • 価格以上の十分すぎるほどの内容らしい

うーむ、0から自分の力で・・・
最初に購入した本のバックエンド商品とはまた違うノウハウなのかな?

そう思った僕は、こう考えました。

  • 最初に購入した本のバックエンド商品は、簡単に最短で結果を出せる手法。ただし、ひな形がないと作れない。
  • コピーライターAさんが紹介している本は、0から自分の力で作り上げるノウハウを身につけられる。ただし、結果を出すまでに時間がかかる。

そして、この考えが正しいのかどうかをコピーライターAさんにメールで聞いてみたのです。

なぜAさんに聞いたかというと、Aさんも僕が最初に購入した本を読んでいて、更に僕が購入していないバックエンド商品を購入していたからです。

これに加えてAさんが紹介している本も含めて、全てを購入しているAさんであれば、僕の考えが正しいかわかるはず、と考えたんですね。

すると「その通りです!」と回答をいただきました。
この回答を聞いたときに、僕はAさんが紹介するこの本を、購入することに決めたのです。

理由は、時間がかかってもコピーライティングを自分のスキルにしたかったから。

そしてこれがきっかけで、僕はコピーライティングを本格的に勉強することになったのです。

ただし、バックエンド商品の手法が間違いというわけではありません。
なぜなら、その手法で実際に成果を出している人が多いのも事実だからです。

なぜそんなことがわかるのかというと、過去に異業種交流会で知り合った人が、その手法で結果を出していて、他にも多くの人が結果を出していると聞いたからです。

そしてその人は僕に「(バックエンド商品の手法を)やったほうが良いですよ!」と、バックエンド商品を強くお勧めしてくれましたね。^^
その人は別に僕に売り込みをしてきたわけではないので、本当に良いと思って勧めてくれたんだと思います。

だから、早く結果を出したいのであれば、僕が最初に購入した本のバックエンド商品の手法は有効かもしれません。

ただ僕は「どうせなら、時間がかかっても良いから、自分の力としてコピーライティングを学んで身に付けたい」と考えました。

なぜなら、そのノウハウを頭の中に叩き込めば、いつでもどこでもコピーライティングのスキルを発揮できる、と考えたからです。

そんな、いつでもどこでもコピーライティングの力を発揮出来るノウハウが詰まった本。
ちょっと興味が湧きませんか?^^

この本は、アフィリエイトで結果を出したいと思っているあなたに、十分な効果を引き出してくれるはずです。

そしてそれを、あなたに紹介したいと思います。

それが「The Million Writing」なのです。

「The Million Writing」とは

「The Million Writing」は、コピーライティングを0ベースで教えてくれる、非常にわかりやすい商材です。
初心者でも、今日から実践できる内容が書かれているので安心できます。

「今日から実践できる」理由は、テキストに書かれていることをいきなり全て実践するのは不可能ですが、テキストに書かれている6つのポイントくらいなら、初心者でも意識しながら記事を書けると思ったからです。

そしてそれだけでも、今までの記事の質を飛躍的に変えることができます。

しかも、

  • 安い
  • わかりやすい
  • クオリティが高い

と、3拍子揃っている商材はなかなかありません。
気軽に購入出来る価格ではありますが、その中身はとても充実しています。

あなたが、ブログにアクセスを集めたい、売り上げを伸ばしたい、と思うのであれば、ぜひ、一度手にとって読んでみてください。
無駄になることは、ないと思います。

The Million Writing

※「The Million Writing」の詳細なレビューについては、別途記事にする予定です。
お楽しみに。^^

→「The Million Writing」を記事にしました!こちらです。^^

>コンテンツ一覧へ
>ホームへ