積極的

アフィリエイトは、成果が出るまでに少し時間がかかります。

これはおそらくほとんどのアフィリエイターが経験することです。

「今日からアフィリエイトに参入して、明日には報酬が発生する」まず、こんなことはありえません。(笑) もしこんなことができれば皆やってるし、諦める人なんかいないでしょう。

アフィリエイトは通常の会社勤めのように、今日頑張った分が給料に反映される保証はないんです。だからこそ、継続するのが難しい。稼げることを誰かが保証してくれるわけでもなく、いつから稼げるようになるのかもわかりません。

でも、アフィリエイトでやることは、難しいことはあまりないんです。

記事を書くのが苦手という人がいたりしますが、学校の課題で作文を書くよりも簡単だと感じます。なぜなら、学校のような課題ではなく、自分の知識、情報を記事にするので、自分の思った通りのことを書けるからです。それに対して、誰かが評価することもありませんから。

とはいえ、毎日記事を更新してるけど、なかなか成果が出なくて悩んでいる人もいるでしょう。一体いつになったら成果が出るのか、不安になったり嫌になったりしている人もいるかもしれません。

なぜなら、僕もアフィリエイトを始めた当初は不安でいっぱいだったから。(笑)

今回は、そのような状態から抜け出すための方法をお伝えしていきます。

アフィリエイトでは動くことが成功の近道

この見出しを見て「動いてるよ!毎日記事書いてるし!」という人がいるかもしれません。でも、記事を更新するだけがアフィリエイトの作業ではないですよね。その記事更新にしても、マンネリ化していたらおそらく変わらないでしょう。

ネット上で調査しただけの情報を記事にしているだけでは、読者からの指示は得られません。読者が欲しいのは、リアルな情報なんです。

じゃあ、成果を出すために必要な「動く」こととは?

読者は、価値のある信用できる情報を欲しています。他のサイトに載っている情報をリライトして載せたとしても、説得力がないので読者はそれを見抜きます。

例えば、自分で購入したことのない商品を記事にしても、購入していないので商品のメリット、デメリットを独自の視点で書くことができないわけです。だからと言って、ネット上にある情報のみで記事にしても価値なんてないですよね。他のサイトと同じようなことが書かれている記事なんて、読者は読みたくありませんから。

多分、あなたが読者であれば、このことは理解できるはず。

ということは、独自の視点で記事を書けるように、自分だけの体験談や考えを、信頼性をもたせて書くことです。そこに読者が得たいと思う価値がありますから。

それが「動く」ということです。

もうちょっと具体的に言うと、「自分で商品を試してみて、それをレビューすること」ですね。それが物販でも、商材でも、登録やサービスでも同じです。

それが信用を生み、価値を与えます。

でも、僕自身、アフィリエイトを始めた当初はそんなこと考えなかった。適当に記事を書いていれば、商品が売れると思い込んでたんです。当然、そんな記事では一つも商品が売れることはありませんでしたが。

失敗はたくさんしよう、悩みはいっぱい持とう

ということは、まずは自分で商品を購入し、試してみること。
※参考記事:自己アフィリエイトは有効だが、それ以上に価値のある方法がある。その方法とは?

購入する商品は、売れている商品をリサーチするのも良いし、自分で気になる商品があれば、それでも良いんです。

売れている商品は、紹介すれば売れる可能性が高いわけですが、ライバルサイトが多いはず。この場合、どう差別化するかが鍵になりますね。だからやっぱり自分で試してみる必要があるわけです。スペックや料金などの基本的な商品情報を載せるにしても、自分なりの考えを入れるだけで、それはオリジナルな記事になります。

例えば「この商品で10,000円は正直高いと感じます。その理由は**がないから。でも、◯◯という付加価値があるため、納得できる価格です。」みたいな感じですね。

自分で気になる商品で、まだ他のサイトではあまり見たことない商品の場合は、チャンスかもしれません。商品自体がニッチなので、Googleが喜ぶネタですね。(笑) 今後、もしかしたら爆発的に売れる商品になる可能性があります。でも、その逆もあることも忘れないように。

結局は試していないとわからないということです。

たとえ、自分で選んだ商品が売れなかったとしても、良いんです。なぜなら、ニッチな商品&記事なのでGoogleからは評価が高まります。また、売れなかったことによって、売れる商品と売れない商品の目利きができるようになってくるからです。これはアフィリをやっていく上でのスキルに繋がりますね。

ただ、それまでの間、色々悩むと思います。「どうして売れないんだ??」て感じで、四苦八苦するはずです。でも、悩むこと自体は悪いことじゃありません。

何事も経験なんですよ。^^ 無駄になる事象はないってこと。長年生きていると、そういうことがわかってきます。(笑) だから、どんどん色々試してみてください。これは間違いありません。

ただし、嘘は書かないこと。嘘を書くと信用を失うので注意です。また、適当なことを書くのも良くありません。

そして、自分の感じた商品のメリットもデメリットも、正直に書いてあげることです。そしてそれに対する率直な意見を書く。

「デメリットを書くと、売れないんじゃないか?」と思うかもしれませんが、メリットばかりの商品なんて一つもないわけです。それに、デメリットを書いてあげることは読者のためになるので、信用を得られます。

逆に言えば、デメリットを書くことで信用を落とすことはないってこと。そのデメリットが読者が許容できるものであれば、問題ないからです。

何もしないことが一番の失敗

先ほどは、商品を購入してレポートしてみることを例に書いていますが、他にも色々やってみて有効なことはあります。

  • アクセスがない→ツイッターやフェイズブックなどのSNSと連携させてみる
  • 読者の滞在時間が短い→写真やイラストを入れてみたり、動画を入れてみる
  • 上位表示されない→SEOを勉強してみる
  • テーマに関する記事ネタが出ない→テーマに関する悩みがないかリアルな人に聞いてみる
  • 記事数、ブログ数をなかなか増やせない→外注依頼してみる
  • 試した商品を購入するのが難しい→ASPに無償提供を打診してみる
  • 商品単価が低い→ASPに特別単価を打診してみる
  • モチベーションが上がらない→ネットビジネス仲間と交流する
  • アフィリ知識が少ない→セミナーや勉強会、コンサルを受けてみる

ちょっと考えただけでも、これだけあるわけです。

アフィリエイトをやっていて、つまずかない人はいません。途中、いろんなハードルがあるわけですよ。でもそのハードルは、必ず超えられる打開策があるのも事実。

ハードルがあるのは無駄なことじゃありません。ハードルがあっても何も打開しようとしないのが、一番の失敗です。つまり、何もせずに動かないということが無駄だということです。

そういう意味では「アフィリエイトを始めたいけど、なかなか始めない」というのも、失敗になりますね。僕の周りにもいっぱいいます。(笑) 「興味があるので、そのうちやろうと思っている」という人。

いつからやろうではなくて、すぐに始める。すぐに行動する。考える前に行動することの方が、成功に近づくのは早いわけですから。

動けるようになる環境とは

動けるようになる環境とは言っても、特別な環境ではありません。一言で言えば、動かなければならないような状況に自分を追い込むことです。

一番効果的なのが、他人に管理してもらうこと。

そういう意味では、やはりコンサルについてもらうのが良いでしょうね。コンサルは基本的に課題を出されます。いつまでにあれを試してみてください、これをやってください、とか言われますから。^^

自分一人では、やっぱり限界があるんです。どこかに甘えが出てしまう。それを強制的に打開するには、やはり他人に管理してもらうことが一番。そういう意味では、コンサルについてもらうことが、アフィリエイトで成果を出すには一番の近道になりますね。

これは、僕自身がコンサルについてもらったことで成果を出すことができたので、間違いありません。もし、コンサル費用を捻出できるのであれば、試して損はないはずです。

あ、ちなみにコンサルなどの投資ですが、余裕でコンサル費用を捻出できるよりも、なんとか捻出できそう、という状態の方がモチベーションが高まります。だから、ちょっと苦しい出費と感じられる投資で望む方が、それ相応の成果が出やすいです。^^

>コンテンツ一覧へ
>ホームへ